http://www.arcgeo.jp/


ホーム What's New 会社概要 事業案内 採用情報 ARCGEO News 技術情報 学会情報 広報誌TheEarth


ISO9001 JUSE-RA-182

 

[ 地盤工事業務 ] [ 発掘監理 ] [ 農林水産部長賞 ]

地盤工事

株式会社アーキジオは、「地すべり防止・斜面保全」、「水源・温泉開発」、「地盤改良」、「汚染土壌環境修復」、「発掘監理」等の地盤工事を行っています。


地すべり防止工事

地すべりは、山地や丘陵、台地の斜面の一部が地下水等の影響ですべり出すことです。小さな規模でも 地塊の平衡が崩れ、対策を怠れば大きな規模になることもあります。私たち中部日本鉱業研究所では地域に密着した情報収集からその要因を詳しく調査し最も有効な工法を割り出し、調査から早期工事着手へとタイムリーな活動を行っています。このような
災害復旧保全工事では、緑化・デザインなど人と自然との調和を図りながら景観・環境を大切にしています。

集水井工・集排水ボーリング工

地すべりが起こる原因の一つに、地層中を流れる地下水の存在が挙げられます。私たちの地盤工事部では調査結果・設計意図をくみ取り、直ちに、その要因となる地下水を抜き、効果的に間隙水圧を下げることにつとめています。地下水を抜く方法にはさまざまな方法がありますが、地すべりの規模が大きい場合には集水井工を用います。水を集積するための井筒を構築し、すべり面の深さに応じて集水ボーリング工を行い、同時に排水ボーリング工により地下水を排出します。この場合、単に地下水を抜くだけではなくリサイクルを考えたプールなど公共施設への供給水としての役割を担うケースもあります。こうした貴重な水資源の有効利用もこれからの環境保全に役立っていきます。

鋼管杭工

地下水を抜くことで、その間隙水圧を下げることは可能ですが、地下水をすべて抜いてしまうことはできません。そこで、すべろうとする力に対して直接抵抗力を与え、地すべりを止める方法があります。この方法は、直径が200〜600mmの鋼管杭を、すべり面を貫いて建て込み、鋼管材料の抵抗力で地すべりを止め、大地を安全・安定化させます。

急傾斜地保全工事

地すべり・崩壊を起こしている斜面や、今後地すべり・崩壊を起こす危険があると判断される急傾斜地は、有効な対策をもって災害を防止する必要があります。地すべり・崩壊の規模や地層の状態によって、次の一例のように急傾斜地保全工事の内容を決定します。

アンカー工

土塊を斜面にしっかりと固定することで災害を未然に防止するアンカー工は斜面防災工事の中でも最重要工法の一つで、私たちの技術を発揮する分野です。地盤工事部では工事の設計資料に基づき不動地盤を構成する地層の調査データを詳細に検討し、より効果の高い施工品質を生み出すことにつとめています。アンカー工は、地表を覆う受圧版を、強力なワイヤ一を用いて不動地盤とつなげ、数十トンの荷重で締め付け、斜面を安定・強固に補強します。

法面保護工

急傾斜面は一般に岩盤が浅い位置にありますが、風化等で岩質が劣化し、置かれた環境や時間とともに不安定になります。これを半永久的に風化などから保護する法面保護工も数多くの工法があります。特殊剥離の強度なプラスチック断ボールを使用し、軽量で経済性、現場加工の容易さ、養生性等に優れた「フレクションフレーム工法」、施工性と構造性に優れている「Q&Sフレーム工法」、法面緑化を入れることで周囲の景観と同化させる「ミライクル緑化工法」など、現場の状況によって、どの工法を用いるかが決定されます。

地盤改良工事

平野部の軟弱地盤は粘土や砂・砂礫などから構成されており、その間隙を空気・水が満たしています。このような状況で、例えば下水道工事などで立坑を掘る際にその坑の崩れる可能性がでてきます。この場合、坑が崩れないようにグラウト工を用いて地盤を改良したり、地下水を汲み上げて地盤を安定改良する、ボーリング技術を用いた地盤改良工事が必要となります。

グラウト工

坑壁面の安定、あるいは鋼材の腐食を防止するため、地盤を作る砂や砂礫粒子の間隙に薬液を注入して水や空気を追い出し、地盤がある程度の強度を保つよう固めます。この時も、地下水の汚染範囲を限定し、現在の環境を大きく乱さぬよう配慮します。

水源開発工事

上水道用井戸や消雪用井戸の水源を対象にしています。この工事では、地下水を貴重な資源として有効利用し、社会生活に役立てる水源の開発工事が必要になります。飛躍的に進歩したボーリング技術によって、様々な井戸を多目的に実用化しています。

温泉開発工事

鉱水および水蒸気などで、25℃以上の温度を持ち、一定の物質を有する温泉は、火山列島である日本では、まだ開発されていないものが数多く残っています。一般都市においても、地中から沸き出す温水を掘る際に、最新のボーリング技術を駆使しています。


[ 上へ ] [ 地盤工事業務 ] [ 発掘監理 ] [ 農林水産部長賞 ]

 

サイトマップ

この Web サイトに関するご質問やご感想などについては、mail@arcgeo.jpまで電子メールでお送りください。
Copyright(C) 2006 ARCGEO Inc. All rights reserved.
Revised : 2011/11/22 .