http://www.arcgeo.jp/


ホーム What's New 会社概要 事業案内 採用情報 ARCGEO News 技術情報 学会情報 広報誌TheEarth


ISO9001 JUSE-RA-182

 

[ 上へ ] [ 地盤調査 ] [ 土質試験 ] [ 岩石試験 ]

地質調査

株式会社アーキジオは、「調査ボーリング」を中心に幅広い範囲の「地質調査」、「地すべり調査」、「土壌汚染調査」、「水文調査」、「地表地質踏査」、「物理探査・検層」、「孔内・原位置の計測・試験」、「土質試験」及び「岩石試験」を行っています。


調査ボーリング

山間地・山岳地帯などにダム、ずい道(トンネル)、地下備蓄タンクや高速道路を建設するには、地質構造の正確な調査が必要になります。平野部においても、地盤がどういった地層(土)で構成されているのかを知る必要があります。建設構造物が将来にわたって安定した状態を保つためには、地質・地盤の状態と強度を詳しく調べ、分析する調査ボーリングが、必要不可欠となります。その調査ポーリングこそ、私たちアーキジオの中核部門の一つとして、数多くの実績と高い評価をいただいています。

土質調査ボーリング

平野部の軟弱地盤は粘土や細かい砂等で構成されており、一般には地下水で満たされて脆弱化していることが多く、地盤上に建設構造物を作る際にはそれぞれの地層の強度などの情報が必要になります。粘土層の不同沈下問題や砂層における液状化現象の予測等を行う時もまず調査ボーリンクで地下の状態を調べます。

サンプリング

通常の調査ボーリングでは、地中の、あるがままの状態の試験試料(サンプル)を採取するのは非常に困難です。地層の物理的・力学的な性質を保持したサンプルを正確に採取するためには、様々な方法のサンプリング手法があり、こうして集めた試料から地層の性状を正確に分析します。

岩盤調査ボーリング

岩盤は非常に硬い地層と考えられています。しかし、時間のスケールを大きくとると、岩盤はそれ自体が伸び縮みし、「クリープ現象」を起こす物質であります。また古い地層は一般的に硬くて安定しているとされていますが、地表付近では風化し、劣化することで、柔らかくなることがあります。均質な一枚岩も、亀裂が入っていれば崩落の危険をはらみます。
 建設構造物の安定性・安全性を確保し、また実際の建設作業において安全性と能率を高めるためにも、岩盤調査ボーリングは重要な業務となります。

物理探査・物理計測・試験

面的にあるいは線的に地層の広がりを調べたり、鍵層の傾斜を調べるために、地下の地質構造を探る探査は様々な方法があります。地震波を利用して構造を探る弾性波探査、電磁波を利用する地下レーダー、地温・地熱を利用する1m深地温探査、また、振動波を利用する常時微動測定、このほか表面波探査(レイリー波探査)、電気探査、ジオトモグラフィ(弾性波トモグラフィ・比抵抗トモグラフィ)など、広範囲にわたる調査を低コストで実現しています。極めて精度の高い調査ボーリングが「精査」であるのに対し、探査は「概査」とも呼ばれ、探査技術の向上によってその精度を高め、多くの場面で成果を上げています。

孔内計測・孔内試験

地盤自体の締まりを調べる標準貫入試験、水平方向の地盤の抵抗力を調べる孔内水平載荷試験、鉛直方向に地層の弾性波速度を調べる速度検層など、ボーリング孔を利用し、地層の強度などを調べる孔内計測・試験は、調査する対象によってさまざな方法があります。

地表部における計測・試験

主に地盤表層に対する調査方法で、ボーリングを使わず簡易に表層の状況を試験・計測することができます。表層地盤の強度や変形量あるいは支特力を推定するもので、これもまた調査対象によって試験方法等が異なります。

室内試験

土粒子に合まれる水の比率(合水比)、土の1cm3当りの重量、圧縮強度など、土の持つ物理的・力学的性質をさまざまな試験で明らかにし、建設構造物の設計に使えるように正確にその性質を特定します。


[ 上へ ] [ 地盤調査 ] [ 土質試験 ] [ 岩石試験 ]

サイトマップ

この Web サイトに関するご質問やご感想などについては、mail@arcgeo.jpまで電子メールでお送りください。
Copyright(C) 2006 ARCGEO Inc. All rights reserved.
Revised : 2011/11/22 .