http://www.arcgeo.jp/


ホーム What's New 会社概要 事業案内 採用情報 ARCGEO News 技術情報 学会情報 広報誌TheEarth


ISO9001 JUSE-RA-182

 

[ 戻る ] [ 上へ ] [ 進む ]

斜面防災対策技術フォーラム'11in富山

 (株)アーキジオは、平成23年10月6日に富山市で開催された、「斜面防災対策技術フォーラム'11」in富山に参加し、下記の2テーマについて発表を行いました。

氷見市新保地内における地すべり災害の特徴と対策

(株)アーキジオ 岩木雅史

本地すべりは,平成21年に富山県氷見市新保地内で発生したものである。地すべりブロックの形状は,縦断方向にはイス型の岩盤地すべりが,横断方向にはカマボコ型尾根の岩盤地すべりという特徴があった。このような場合,降雨との関連性が高いにも拘わらず,緊急対応で行った地下水排除工の効果が少なく,押さえ盛土をしても地すべり方向が変化する結果となった。以上の特徴を考慮して,全排土工を実施した事例を紹介した。

氷見市新保地内における地すべり災害の特徴と対策.pdf

 

東北地方太平洋沖地震による白河市の斜面災害について

(株)アーキジオ 陰地章仁

福島県白河市の丘陵地帯では,東北地方太平洋沖地震に伴い,複数の斜面崩壊が発生した。これらの崩壊は
(1)崩壊土砂は未固結の火山砕屑物
(2)発生箇所は丘陵地の山頂および尾根筋
(3)崩壊土砂が100〜200m移動崩壊地
(4)土塊移動箇所には水(地下水,湧水,沢水)はない
と共通した特徴を持つ。水がないところでなぜ崩壊したのか。なぜ移動したのか。本報告は,崩壊地内に認められた地形および地質的特徴を述べ,崩壊機構・移動機構等について考察を加えた。

東北地方太平洋沖地震による白河市の斜面災害について.pdf


[ 戻る ] [ 上へ ] [ 進む ]

サイトマップ

この Web サイトに関するご質問やご感想などについては、mail@arcgeo.jpまで電子メールでお送りください。
Copyright(C) 2006 ARCGEO Inc. All rights reserved.
Revised : 2011/11/15 .